【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 不動産を売却するなら仲介と買取どちらが有利?

不動産を売却するなら仲介と買取どちらが有利?

≪ 前へ|不動産売却が長引く原因は?対処法などご紹介   記事一覧   【トラブル回避】複数人で不動産を所有する「共有名義」の売却方法と注意点|次へ ≫

不動産を売却するなら仲介と買取どちらが有利?

カテゴリ:不動産売却(売りたい)

不動産を売却するなら仲介と買取どちらが有利?

土地や住宅などの不動産を売却するためには、不動産を買い取ってもらえる方を探さなければなりません。
親戚や友人、知人が円満に買い取ってくれたというケースはかなり少なく、多くの方が不動産会社を仲介して、また不動産会社に直接買い取ってもらう売却方法を選択しています。
ただ不動産会社に仲介してもらい売却する方法(仲介)と、不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法(買取)には、それぞれメリットデメリットがあります。
仲介と買取の長所短所を知ったうえで使い分ける必要があるので、このページでは不動産の仲介と買取についての説明や、それぞれの特徴について紹介します。

\不動産に関するご相談はこちら/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の仲介と買取の違いについて

不動産の買取と仲介の違いについて

不動産の仲介とその流れ

不動産仲介

不動産を仲介によって売却したいならまずは売却相談のために不動産仲介会社に不動産情報を提供し、物件の査定や査定価格を提示してもらいます。
もし査定価格に納得できれば、つぎは売却依頼(媒介契約の締結)をおこない、不動産仲介会社に販売を一任します。
不動産仲介会社は「一般の顧客」にむけて販売することになりますので、会社側でチラシやパンフレットを作成したり、自社ホームページや不動産ポータルサイトなどに物件情報を掲載して販売活動を開始します。
もちろん来店した顧客にも個別売りこみをおこない、多くの方の目に触れるように物件を紹介します。
もし「その不動産を購入したい」と希望者がいれば、不動産仲介会社は、内覧日の調整や内覧の立ち合い、疑問点への回答、内覧で発見された瑕疵への対応などさまざまなサポートをおこないます。
もし購入希望者が購入に踏みきれば、売主と購入希望者の間にはいって契約条件を折りあわせたり(価格交渉など)、契約書を作成してスムーズに契約締結へと導きます。

不動産の買取とその流れ

不動産買取

「不動産買取」は、売主が不動産会社に直接不動産を買いとってもらう方法になります。
売却の相談や査定依頼、査定金額の提示など最初の流れは買取とまったく同じですが、一般の顧客に販売しないことが大きなポイントです。
インターネット広告や新聞折込チラシなどで顧客を呼びこむ期間がいらないため、スピーディーに売却できます。
不動産会社との直接取引なので、不動産売買契約の締結や代金の振り込みなどがスムーズにできます。
時間をかけずに不動産を現金化することが可能です。

あわせて読みたい|不動産売却にかかる諸費用は?【手元にいくら残る?】

不動産仲介のメリットとデメリット

不動産仲介のメリットとデメリット

不動産仲介のメリットとは?

不動産仲介のメリットには以下のようなものがあります。

●不動産の適正価格がわかる
●契約書の作成や物件の告知などすべて不動産仲介会社に一任できる


不動産仲介会社に不動産販売をお願いする場合、やはり大きなメリットは「市場の適正価格で販売できる」点にあります。
市場の適正価格といっても慣れない方にはあまりピンときませんが、土地や建物の価値などは一定の基準により算定されるため、市場価値に近い金額をはじきだすことができるのです。
不動産の知識がない個人が適当に価格をつけると、市場価格に比べて極端に高い、または低い価格をつけてしまう危険があります。
また不動産仲介会社は不動産のプロなので、広告作成、契約に関わる書類作成、瑕疵への対応などきめ細かいサポートが受けられます。
たくさんの顧客に信頼されている地元密着型や大手不動産仲介会社なら、すぐに購入希望者が見つかることも。
市場の適正価格で、さらに不動産のプロの力を借りて売却できるのは大きな安心ポイントですよね。

不動産仲介のデメリットについて

メリットが多い不動産仲介ですが、以下のようなデメリットもあります。

●仲介手数料が必要

●必ずしも希望通りの金額で売れるわけではない
●内覧などの手間がかかる
●近所の方に「物件を販売しようとしている」ことがバレる
●売却までに時間がかかるケースもある
●契約不適合責任(瑕疵担保責任)を負う


不動産のプロによる手厚いサポートが受けられる仲介ですが、当然ながら契約が成立すれば不動産会社に手数料を支払わなければなりません。
仲介手数料に関しては宅地建物取引業法でその上限が決められており、上限以上の手数料を求められたら悪質な会社です。
例えば400万円以上の不動産を仲介してもらった場合、(売買価格 × 3% + 6万円)+消費税が上限になります。
仲介手数料のほかにも当該物件に住んでいる場合は、購入希望者への内覧対応をおこなう必要があります。
何人も購入希望者がいると内覧だけでも煩わしいですし、内覧したからといって即不動産が売却できる保証はなく、ただ時間だけが過ぎてしまうケースもあります。
また不動産を無事仲介で売却できたとしても雨漏りや白アリによる被害、屋根や床下の腐食などが見つかった場合は(多くは内覧で見逃してしまいます)、売主が責任をもって不具合部分を補修するなどの対応をしなければなりません。
ただ資金力のない個人が10年、20年もの長期の瑕疵保険責任を負うことはできないので、通常は1年程度の短期間となっています。

必読|不動産売却にかかる譲渡所得税とは?計算方法や特例について解説

不動産買取のメリットとデメリット

不動産買取のメリットとデメリット

不動産買取のメリットは?

不動産会社に不動産を買い取ってもらう方法について、まずはメリットからあげてみましょう。

●不動産会社が買主なのですぐに売却できる
●不動産売却を周囲の人たちに知られる心配がない
●契約不適合責任(瑕疵担保責任)を負わない
●なかなか売れない築年数の古い物件は有利
●仲介手数料が発生しない
●内覧の必要がない


「とにかくすぐに不動産を売却して現金化したい」と考えているのなら、不動産会社に物件を買い取ってもらう方法が一番です。
仲介になると物件情報を不動産ポータルサイトや自社サイトで発信したり、新聞折込広告や店頭での物件情報公開などさまざまな方法で買主を探さなければなりません。
ところが買主が不動産会社ならその時間が丸々カットできるので、迅速に不動産を売却できるのです。
なかなか買手が見つからない古い物件やワケあり物件などは、不動産会社に買い取ってもらうのが一番。
また仲介時に売主は、一定期間の瑕疵担保責任を負いますが、買取なら不動産会社が所有者になるので瑕疵担保責任は免除されます。
柱や土台が傷んだ古い物件はリノベーションが必要なので買手が見つからないのですが、不動産会社が物件購入してリフォームやリノベーションを施して販売する手法であればスムーズです。

不動産買取のデメリット

不動産買取にはデメリットもありますので、そのポイントも押さえておきましょう。

●一般的な市場価格に比べて買取価格が安くなる
●条件によっては買い取れない不動産もある


中古物件はとくにそのままでは販売できないケースもあり、リフォームやリノベーションなどで建物をきれいにして販売する不動産会社も多いです。
リフォームやリノベーションを施せば付加価値が高まりより高額で売れるのですが、リフォームやリノベーションにはそれ相応の費用がかかるため、買取価格が市場価格よりも低くなってしまいます。
ただ柱や土台など建物の大事な基礎が破壊されている、白アリによる損傷が大きいなど、痛みの激しすぎる物件などは買い取ってもらえないケースもあるようです。
物件の買取を希望されるなら、やはり早い段階で不動産会社に相談するのがベストですね。

要チェック|不動産売却が長引く原因は?対処法などご紹介

まとめ

不動産売買契約書

所有する不動産を不動産会社を間に入れて売却したいなら「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
それぞれにメリットデメリットがありますが、ある程度時間があり市場価格で売却したいなら「仲介」、周囲に知られることなく早く現金化したいなら「買取」を選択するのがおすすめです。
どの方法が一番良いのか、まずは不動産(仲介)会社にご相談ください。
担当者が丁寧にご案内いたします。


かんたんAI査定


無料売却査定


台東区・荒川区の不動産売却なら城北商事不動産部にお任せください!

\台東区・荒川区の不動産の事はお任せ!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産売却が長引く原因は?対処法などご紹介   記事一覧   【トラブル回避】複数人で不動産を所有する「共有名義」の売却方法と注意点|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


関根貸家

関根貸家の画像

賃料
10万円
種別
一戸建て
住所
東京都台東区根岸3丁目16-7
交通
入谷駅
徒歩5分

中根岸レジデンス

中根岸レジデンスの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸4丁目2-9
交通
入谷駅
徒歩8分

ライオンズマンション根岸東

ライオンズマンション根岸東の画像

賃料
12.5万円
種別
マンション
住所
東京都台東区下谷2丁目19-5
交通
入谷駅
徒歩4分

大塚ビル

大塚ビルの画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目3-3
交通
鶯谷駅
徒歩3分

トップへ戻る

来店予約