【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 【判断基準】住宅購入における”良い家”の条件とは?

【判断基準】住宅購入における”良い家”の条件とは?

≪ 前へ|不動産売却の成功法則!知っておくべき5つの重要なポイント   記事一覧   過去の販売履歴も確認可能!「台東区・荒川区マンションデータベース」|次へ ≫

【判断基準】住宅購入における”良い家”の条件とは?

カテゴリ:不動産購入(買いたい)


住宅購入を検討する際、誰しもが「良い家が欲しい」と考えるかと思います。
しかし良い家とは何か?は住宅購入にまつわる永遠のテーマです。
どれだけ極上の仕様にしたとしても、買い物をするのに車で何十分も走らなければならない家は良い家とは言えませんし、仕様・立地ともに文句のない家でも、ローンの返済に追われてしまうようであればその人にとっては良い家とは言えません。
良い家とは?の質問は、モノとしての住宅だけでなく、購入者の生活も含めた総合的な判断が必要なため、ある意味答えのない問いとなってしまいます。
今回は良い家である条件の一つとして「いつでも売ることができる」という考え方についてご説明いたします。

住宅は売る時のことを念頭に購入判断しましょう


住宅購入希望者に「投資家の目線で判断しましょう」とアドバイスすることがあります。
投資家と言われても、住むための家を探しているわけで、住宅購入で儲けようとは思っていない、と感じる方も多いかもしれません。
家は一生で一度の買い物と言われることがありますが、これだけ中古住宅流通が活性化した現在にはそぐわない表現になってきています。
住宅ローンを返済し終えた頃には二束三文とも言われますが、不動産ポータルサイトなどで築30年~35年の売り出し情報を見ると、二束三文と言えるほど安くはありません。
賃貸VS購入の記事なんかでは、購入した住宅を売却することが想定されていないことが多いですが、将来の売却金額が高いか低いかわからないとしても、いくらかでは売らなければならなくなるので、将来の自分や家族が困らないように、少しでも高く売れる、または買い手が見つけやすい家を住宅購入の際に選択するべきと言えます。
人口減・家余り時代では「いつでも売ることができる」は、その住宅の価値と言えるでしょう。

持ち家の出口を住宅購入時に想定しながら検討する


いつかやらなければならないけれども、今はやりたくない、先延ばしにしたい、という心情を「夏休みの宿題」に例えられることがあります。
売ることを想定した住宅購入とはまさに「夏休みの宿題」で、これからマイホームを買おう!という前向きな気持ちの時に、売ることを想定して…とは、盛り上がったところに水を差すような印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
職を失ったら、病気になったら、などリスクばかりに目を向けると怖くなって住宅購入どころではなくなるかもしれませんが、想定していないと、実際にトラブルに見舞われた時にパニックになってしまいます。
終の棲家といってその家に住み続けるにしても、ご自身が亡くなられた後は、相続するなり、処分するなり、ご自身の所有物のままではいられません。
終わりがある以上、その時に困らないように対策を講じる必要があるわけで、住宅購入においては、一度購入してしまうとどうすることもできないことが多いので、将来困らない家を選ぶというのが、終わりの時に困らない対策となります。

一般的かどうかという判断基準


自宅はご自身の所有物になるのですから、自分自身が満足できればそれでいいじゃないか、とお考えの方が多いと思います。
多少駅から遠くても車があるから大丈夫、生まれ育った町だから離れたくない、子供のためにこの学区内で探したい、そういった個人的な要望を突き詰めるほど、将来売るのに困る家に近づくと言えます。
いつでも売ることができる家は誰が見てもそこそこ良い、100点満点のテストで60点を取れるくらいの、いわゆる普通の家です。
いつでも売ることができるかどうかというのは重要な判断基準ですが、一般の方だと判断しにくい基準でもあります。
一般的かどうか、普通かどうか、というのは「いつでも売ることができる」に近い基準と言えますので、住宅購入検討時には、個人的な満足に寄り過ぎていないかを意識することが大切です。
とはいえ、普通を求めるがあまり、ご自身がまったく満足できない家を買うというのも間違っています。
誰が見ても60点、自分の中でも60点取れる家というのが、ベストではないにせよ、ベターな判断に近いと思います。

「いつでも売ることができる」の価値


日本の住宅業界は新築偏重だったため、買った瞬間から価値が下がり始め、住宅ローンの返済スピードと価値の減少スピードがマッチしないため、売ろうにも売れない状況というのが普通の姿でした。
そのため、一度家を購入すると売却で損が出てしまうため、一生住宅ローンに縛られる、といった印象が一般化したのだと思われます。
昨今の不動産市場は昔とは違い、例えば都市部のマンションの中には新築時の販売価格よりも高く売却されるものもありますし、中古住宅は新築に比べ価値の減少スピードがそれほど急でないため、ローンの返済スピードに合うケースも多く見られます。
つまり、昔と違い「いつでも売ることができる」家を選択しやすくなっています。

住宅購入時の不安材料で良く言われるのが、職を失ったり病気などで収入がなくなるというものですが、いつでも売れる家なら、家を売却して一旦リセットして立て直すという選択が可能になります。
それほど大きなトラブルに見舞われなくても、歳を取ると介護の問題が浮上します。その時までに十分な貯金ができれば良いのですが、介護にはお金がかかり、お金がない場合は労力が必要になるので、家族に迷惑をかけてしまうのですが、そんな時に家を売ることで発生する資金があれば、選択肢が増え、家族の負担が減ります。
またお子様も持ち家であることが多くなっているので、相続後は実家を売却するという選択をされる方も増えていますが、いつでも売れる家であれば売却に困ることはありません。
人生でこれから起こるであろう事象や、起こるかもしれないトラブルに目を向けると、いつでも売れる家の価値を実感していただけると思います。

いつでも売ることができる家の選び方


最後にいつでも売ることができる家を選ぶ上での判断基準をご紹介します。購入のタイミングや地域によっても判断が変わるので、不動産の担当者に「この家はいつでも売れる家ですか?」と確認するようにしておくと、アドバイスを貰えると思いますので、気になる場合は質問することをお勧めします。

①郊外よりも都市部を選ぶ
不動産の価値は立地が何より重要と言われています。
人口が減らない、もしくは減りにくい場所というのが、いつでも売れるという観点で大切な要素です。
自治体が発表しているデータなどを冷静に見ることをお勧めしますが、なかなか面倒なので、判断に迷ったら都心部を選択することをお勧めします。

②最寄駅からの徒歩分数を判断基準にする
①の地域性も大事ですが、狭い範囲だと最寄り駅からの徒歩分数が判断基準となります。
最寄り駅に近ければ近いほど価値が維持しやすい傾向がありますので、判断に迷ったらより駅に近い方を選択した方が良いでしょう。
地方や郊外の方がよく仰られますが、都市部ほど鉄道網が発達していないからと言って、安易に車を前提に判断するのは少し危険です。
そういったエリアを検討する場合は、重要となる公共施設・商業施設により近いところを選ぶ、幹線道路から離れすぎないところを選ぶなど、狭いエリアでの価値判断についてよく相談された方が良いと思います。
間違っても車社会だからと言って、立地を無視した住宅購入を行ってはいけません。

③建物にお金をかけ過ぎない
残念ながら現在の不動産市場ではリフォームの履歴を価格に反映する明確な基準がありません。新築の場合も単純に築年数だけで判断されることが多いです。
生活のクオリティを向上させる目的でリフォームにこだわるのは悪くないのですが、新築も含め、建物にかけたお金は、思ったほど売却価格に反映されないことを念頭に、必要以上に贅沢しないというのも重要です。

④購入検討時に気になった要素は売却時のハードルになる
日当たりが悪い、旗竿地、周辺環境が良くない(騒音など)など、住宅購入時に「ちょっと…」と引っかかった個所は、売却時にそのままハードルとなり得る要素になります。
現実にはある程度の妥協が必要なのですが、不満要素を無理やり飲み込むくらいなら購入を見合わせるというのも重要な判断です。

まとめ


今回は、いつでも売ることができる家について説明いたしました。
昔に比べて住宅購入の選択肢が増えているため、判断に迷うところではございますが、今回ご説明した中でも「個人的な要望に寄り過ぎていないか?」「普通の人はどう思うか?」は様々な場面で応用できる判断基準だと思いますので、ぜひ参考にしてください。

■条件に合う物件を見逃さない!不動産ポータルサイトに掲載される物件の中から、あなたの条件に合うすべての新着物件情報を、評価書付きで、24時間以内にお届けします。

■ネットの物件情報を入力するだけで、誰でも簡単に建物調査が出来ます!
SelFin(セルフィン)はインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。
【SelFinで判定できる項目は下記の通りです】
①価格の妥当性
②対象不動産の流動性
③立地による資産性
④住宅ローン減税の対象可否
⑤耐震性の判定
⑥マンションの管理状況の判定(マンション)
⑦土地の資産性について判定(戸建て)

1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産売買・売却査定なら城北商事不動産部へ

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却の成功法則!知っておくべき5つの重要なポイント   記事一覧   過去の販売履歴も確認可能!「台東区・荒川区マンションデータベース」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


関根貸家

関根貸家の画像

賃料
10万円
種別
一戸建て
住所
東京都台東区根岸3丁目16-7
交通
入谷駅
徒歩5分

中根岸レジデンス

中根岸レジデンスの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸4丁目2-9
交通
入谷駅
徒歩8分

ライオンズマンション根岸東

ライオンズマンション根岸東の画像

賃料
12.5万円
種別
マンション
住所
東京都台東区下谷2丁目19-5
交通
入谷駅
徒歩4分

大塚ビル

大塚ビルの画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目3-3
交通
鶯谷駅
徒歩3分

トップへ戻る

来店予約