【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 中古マンション売却時の内見件数を解説!内見を増やす対策もご紹介

中古マンション売却時の内見件数を解説!内見を増やす対策もご紹介

≪ 前へ|【売買契約】不動産購入時に確認すべき重要事項説明書とは?ポイントも紹介   記事一覧   駅遠の中古マンションを高く売るポイントを解説|次へ ≫

中古マンション売却時の内見件数を解説!内見を増やす対策もご紹介

カテゴリ:不動産売却(売りたい)

中古マンション売却時の内見件数を解説!内見を増やす対策もご紹介

中古マンションの売却において、物件購入検討者に足を運んでもらう内見は、重要なステップといえます。
売却の可能性を高めるためには、内見件数を増やすことが大切です。
今回は、中古マンションを売り出す際、物件購入検討者による平均的な内見件数や、内見件数が少ないときの対策を解説します。
また、内見件数は多いものの成約に至らないというケースについても、対策をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

無料売却査定はこちら

中古マンションを売却したい!売却までの平均的な内見件数とは?

中古マンションを売却したい!売却までの平均的な内見件数とは?

売却時の内見件数は、物件によってさまざまです。
しかし、平均的な内見件数を知っておくことは、内見が少ない場合や多くても成約に至らない場合に、ケースに応じた適切な対策を検討する目安になります。
まずは、中古マンションを売却する際の平均的な内見件数について解説します。

平均的な内見件数

中古マンションを売り出した際の内見件数は6から10件ほどが平均的な目安です。
理想の内見件数を目指すのであれば、内見を週に1回受け付けたとすると、期間の目安は2か月から3か月ほどになります。
平均的な内見件数は、あくまでも一般的な目安として参考にするのがよいでしょう。
実際の内見件数は、中古マンションごとに変わってきます。
たとえば、立地や日当たりが良いなど、人気の物件は多く内見される傾向があります。
また、時間帯や曜日も内見件数に影響する要素のひとつです。
物件への関心が高い購入検討者の場合、時間帯を変えて複数回訪れるケースも見られます。

内見件数の重要性

売り出している中古マンションによって、内見が1回で成約に至ることもあれば、平均回数である10回以上かかる場合などさまざまです。
一方、見学に訪れる購入検討者は、1日に3、4件内見するケースもあります。
つまり、購入検討者は複数の中古マンションを比較していることがほとんどです。
売却する中古マンションにマッチする購入検討者をつかむことが大切といえます。
そのためには内見件数が伸びるような工夫が重要です。
平均的な売却期間は、売り出してから成約までに3か月から6か月ほどです。
売却活動が長引くと、値下げを視野に入れるケースもあります。
そのようなリスクを回避して成約につなげるためには、平均的な件数も参考にしつつ、適切な対策をおこなって内見件数を増やすことが大切です。

中古マンション売却の重要ステップ!内見件数が少ないときの対策

中古マンション売却の重要ステップ!内見件数が少ないときの対策

中古マンションを売り出し、1か月から2か月ほどしても内見件数が少ない場合には、内見を増やす対策を講じることが重要です。
ここでは、内見が少ないときに検討したい3つの対策を解説します。

売却価格の見直し

物件ごとに内見の予約の入り方は異なりますが、売却につなげるためには、月に2回から3回ほどの内見件数が入ることが望ましいです。
売り出してからの期間と内見件数の両方を見て、内見が少ないようであれば、価格の見直しが対策になる可能性があります。
中古マンションを売却する際には、価格交渉が入る場合も考慮して、少し高めに価格設定するケースが多いです。
一方で、購入検討者は、できるだけ安い価格で条件に合う中古マンションを買いたいと考えています。
売却活動をはじめて、ある程度の時間が経過しても、内見件数が少ない場合には、売り出している物件の価格が、現在の相場よりも大幅に高くなっていないかを確認してみます。
あわせて、周辺エリアに条件が似た物件で、相場よりも安く売り出している中古マンションがないかもチェックすることが大切です。
現状の相場を考慮して、高すぎるときには見直すと購入層が検討しやすくなり、内見件数を増やすことにつながります。

売り出し時期の見直し

中古マンションには、1年のなかで売却しやすい時期があります。
たとえば、夏の暑さが厳しい8月や多忙になりがちな年始の1月には、購入検討者が活動しにくく内見も少なくなりやすいです。
一方で、4月の新生活シーズンを控えた2月から3月は物件の購入検討者が多いため、売却がしやすい時期であり、必然的に内見件数も増えやすい時期といえます。
内見件数が見込みにくいタイミングで売り出している場合、スケジュールに余裕があれば、売り出し時期を見直すのも有効な対策になります。
売れやすい2月から3月に照準を合わせたいときには、前年の12月から1月ごろに媒介契約を結び、準備を整えておくことがおすすめです。

物件の掲載写真に力を入れる

中古マンションの購入検討者は、内見に訪れる前に、物件情報を閲覧することが一般的です。
立地や間取りといった条件のほかに、物件の魅力を印象づける写真を使用することが、内見件数を増やす要素といえます。
内見件数が少ない場合には、売却したい中古マンションの魅力が伝わる写真を使用することが大切です。
広告で魅力的な物件写真が購入検討者の目に入ると、「実際に見てみたい!」と物件への関心が高まりやすくなります。
たとえば、日中に撮影する場合でも照明を付けることが、明るい印象になるコツです。
ほかにも、室内を整理整頓しておくことが、部屋を広く見せるポイントになります。
内見件数が少ない場合でも、工夫を取り入れ、物件の魅力を引き出した写真を使用することがポイントです。

城北商事不動産部では、写真を魅力的に撮影しネット掲載するよう努めておりますので、台東区・荒川区の中古マンション売却をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

中古マンション売却で内見件数が多いのに成約しないときの対策

中古マンション売却で内見件数が多いのに成約しないときの対策

中古マンションを売り出したときに、内見件数は多いのに成約に至らないというケースがあります。
内見件数が十分なのにも関わらず、成約につながらないときは、内見で与える印象を改善する対策が効果的と考えられます。

準備として掃除を徹底する

中古マンションの購入検討者にとって、内見は実際に物件を見る最初の機会です。
そのため、内見で与える第1印象が希望するイメージと合わないと、成約に至りにくくなります。
たとえば、事前に見ていた写真よりも部屋が狭く感じられたり、散らかって汚れが目立ったりしないように対策することが重要です。
好印象を与える内見のための準備として、掃除の徹底は有効です。
とくに見学時に印象に残りやすい玄関は、子どもの遊び道具なども片づけて、すっきりした空間にします。
室内も不要なものは片づけることで、広く見えやすくなります。
水回りは、内見でチェックされやすい場所です。
キッチンは排水溝やシンクのぬめり、水アカなどが目つかないようにすると清潔感のある印象につながります。
バスルームも水アカや、排水溝のにおいなどに気を付けて掃除しましょう。
トイレは便座だけでなく、床や換気扇もきれいにします。
中古マンションの売却活動は数か月にわたり、内見も複数回になります。
費用はかかりますが、場合によっては数万円でできるハウスクリーニングを検討するのも良いでしょう。
水回りなどの汚れが目立つ場合には、プロによるお手入れで内見の印象も良くなります。

内見当日の対応

中古マンションの購入検討者は、1日に数件の物件を見学する場合もあります。
おもてなしの気持ちが伝わる準備や対応は、好印象につながる大切なポイントです。
当日は、快適に見学できるよう、履き心地の良い清潔なスリッパを準備しておきましょう。
案内は不動産会社の担当者がおこない、売却物件の魅力を伝えます。
売却する売主は、基本的にはリビングで待機をしておくことで問題ありません。
掃除などの準備と丁寧な対応が、内見時のおもてなしになります。
興味を持った購入検討者から質問をされたら、売主だから知る住みやすさについて回答すると良いでしょう。
購入検討者の疑問を内見で解消できれば、成約へつながりやすくなります。

まとめ

中古マンションの内見件数は、売却期間中に6から10件ほどが目安になる平均的な回数です。
1か月から2か月ほど売却活動をしても、内見件数が少ない場合には、売却の時期や写真を見直すのも手です。
内見は売却活動の重要なステップであり、件数を増やすことで売却の可能性が高まります。


おおよその売却価格を知りたい

かんたんAI査定


本格的に売却を検討している

無料売却査定


1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産売却なら城北商事不動産部にお任せください!

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【売買契約】不動産購入時に確認すべき重要事項説明書とは?ポイントも紹介   記事一覧   駅遠の中古マンションを高く売るポイントを解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


グランシャリオ根岸

グランシャリオ根岸の画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目16-10
交通
鶯谷駅
徒歩3分

上野桜木の立体長屋

上野桜木の立体長屋の画像

賃料
52.5万円
種別
アパート
住所
東京都台東区上野桜木2丁目16-2
交通
鶯谷駅
徒歩8分

メゾン・ド・エルルージュ

メゾン・ド・エルルージュの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目10-14
交通
鶯谷駅
徒歩5分

菅長ビル

菅長ビルの画像

賃料
8.5万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目16-12
交通
鶯谷駅
徒歩10分

トップへ戻る

来店予約