【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > アパートとマンションの違いとは?特徴や向いている方について解説!

アパートとマンションの違いとは?特徴や向いている方について解説!

≪ 前へ|【不動産購入】残代金決済・物件引渡し当日の流れ   記事一覧   種類・特徴・コストを知って賢く選択!住宅に適した断熱材の選び方とは|次へ ≫

アパートとマンションの違いとは?特徴や向いている方について解説!

カテゴリ:賃貸の部屋探し(借りたい)

アパートとマンションの違いとは?特徴や向いている方について解説!

賃貸物件を探しているときに、アパートやマンションの違いが気になった方も多いのではないでしょうか。
実はアパートとマンションの定義は定められていないのですが、一般的には建物の構造の違いで区別されています。
この記事では、アパートとマンションの違いや特徴についてご説明したうえで、それぞれ向いている方についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

アパートとマンションの違いとは何か

アパートとマンションの違いとは何か

一般的に大きな集合住宅をアパートやマンションなどと呼びますが、両者の違いとは何かが分からない方も多いでしょう。
木造の小さな集合住宅がアパートで、大きな鉄筋コンクリートの集合住宅がマンションといったなんとなくのイメージを持っていらっしゃるかもしれません。
ここでは、アパートとマンションの違いについてご説明します。

アパートとマンションの違いに定義はない

実はアパートとマンションの違いは、民法や宅地建物取引業、建築基準法など、どの法律上にも定義されていません。
また、アパートとマンションの他にも、ハイツ・コーポ・メゾンなどさまざまな呼び方がされている集合住宅があります。
宅地建物取引業と建築基準法では共同住宅として扱われています。
なお、不動産登記簿謄本においても、マンションやアパートなどの名称では記載されていません。
建物の種類や構造が記載されているだけです。

名称は不動産会社と大家さんが決める

それではどのようにしてマンションやアパートなどの名称が決められているのでしょうか。
物件名は、集合住宅を扱うハウスメーカーや不動産会社、大家さんの独自の判断によって名称が決められます。
基本的には、建物の構造や階層、資材などから考慮されます。
まだまだ業界のなかでも、アパートかマンションを区別する基準は定められていません。

建物の構造上での判断基準とは

建物の構造上では、どのような基準でアパートとマンションの区別がされているのでしょうか。
一般的に、木造または軽量鉄骨の2〜3階建ての集合住宅が、アパートとして区別されています。
また、鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で3階建て以上の集合住宅が、マンションとして区分されています。

アパートとマンションのそれぞれの特徴とは?

アパートとマンションのそれぞれの特徴とは?

アパートとマンションの違いは、建物の構造から区別されていますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、アパートとマンションの特徴をそれぞれのメリット・デメリットからご紹介します。

アパートの特徴

一般的にアパートは先述したように、木造または軽量鉄骨造の2〜3階建て以上の建物を指します。
木造または軽量鉄骨造だと、他の構造に比べて建築費が抑えられるため、家賃が安いのがメリットのひとつです。
家賃が安いと、契約時の初期費用や更新時にかかる費用も抑えられます。
また、木造の場合、通気性が良いため、室内にカビや結露が発生しにくく快適に過ごせるのもメリットのひとつです。
しかし一方で、他の構造に比べて耐震性や耐久性に劣っている点がデメリットです。
地震の揺れが感じやすかったり、建物の劣化が早くて定期的なメンテナンスが必要になったりすることが考えられます。
また、木造は気密性が低いため、断熱性に欠けているのもデメリットのひとつです。
さらに、防音性にも欠けている可能性があります。
音の問題で、ご近所トラブルが発生する可能性も考えられます。

マンションの特徴

一般的にマンションは、先述したように鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で3階建て以上の集合住宅を指します。
マンションの構造上、アパートに比べて耐震性や耐火性に優れているのがメリットです。
建物に免震装置を設置しているマンションも多いため、地震の揺れも感じにくいです。
防音性にも優れているため、生活音にも気を遣わないで住めるでしょう。
また、階数が多く部屋数も確保されているマンションは、設備が充実している点もメリットのひとつです。
エレベーターが完備されていたり、防犯カメラが設置されているマンションも多いです。
管理人が常駐しているマンションだと、セキュリティ面においても安心して住めるでしょう。
しかし一方で、構造や充実した設備面から、家賃が高くなってしまうのがデメリットです。
室内の設備を壊してしまったり、床や壁などに傷を付けてしまった場合の修繕費もコストがかかってしまう可能性が考えられます。
また、マンションの構造上、気密性が高く湿気やカビが発生しやすいため、こまめな換気などの対策が必要です。

アパートとマンションのそれぞれに向いている方

アパートとマンションのそれぞれに向いている方

アパートとマンションの特徴から、どのような方がそれぞれ住むのに適しているのでしょうか。
ここではアパートとマンションのそれぞれに向いている方をご紹介します。
ぜひとも参考にして、ご自身に合った賃貸住宅を見つけてください。

アパートに向いている方

家賃を抑えたい方や、顔が見えるご近所付き合いがしたい方にはアパートがおすすめです。
なぜなら、立地や広さ、築年数などが同じ条件の場合、一般的にマンションに比べてアパートのほうが、家賃が安いケースが多いからです。
しかし、耐震性や防音性にはマンションに比べて劣ってしまうケースが多い点には注意してください。
設備面においても、アパートには一般的にエレベーターや防犯カメラが設置されていないケースが多いでしょう。
マンションに比べると、快適な生活とは言えないかもしれません。
したがって、住むうえでの構造上の性能や設備面において、多少は緩くても良いが家賃を抑えたい方にとってはアパートが向いているでしょう。
また、アパートはマンションに比べて階層が低く部屋数も少ないため、同じ入居者と顔を合わせる機会が多くなるでしょう。
そのため、お互いの顔と名前が覚えやすくコミュニケーションが取りやすい環境です。
ご近所とのコミュニケーションを積極的に取りたい方にも向いています。

マンションに向いている方

家賃は高くても充実した設備や建物の性能に重点を置きたい方や、静かに暮らしたい方にはマンションがおすすめです。
マンションは構造上、アパートに比べて耐震性や防火性に優れているため、安心・安全な住まいが手に入ります。
防音性にも優れているため、隣の入居者への生活音にも気を遣わないで済みます。
また、マンションによってはエレベーター・オートロックシステム・防犯カメラ・宅配ボックスなどの設備が充実しているケースもあるでしょう。
これらの設備が充実していると、安心で快適な生活が手に入ります。
女性の一人暮らしにもぴったりな環境といえるでしょう。
また、階数があるマンションだと部屋数も増え、多くの入居者がいるために、近隣住民とのコミュニケーションを取る機会も少なくなるでしょう。
大人数の中で、コミュニケーションは少なめに静かに暮らしたい方にも向いています。

まとめ

アパート・マンション

アパートとマンションの違いには法律上の定義はなく、集合住宅を扱う不動産会社や大家さんなどが構造上からどちらにするのか決めています。
家賃を抑えて近隣住民とのコミュニケーションを取りたい方に向いているのはアパートです。
一方で、家賃は高くても建物の性能が高く、設備が充実している部屋に住みたい方にはマンションが向いています。
マンションとアパートの特徴から、ご自身に合った集合住宅を選びましょう。


賃貸物件を探す


1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産なら城北商事不動産部へ

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【不動産購入】残代金決済・物件引渡し当日の流れ   記事一覧   種類・特徴・コストを知って賢く選択!住宅に適した断熱材の選び方とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


グランシャリオ根岸

グランシャリオ根岸の画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目16-10
交通
鶯谷駅
徒歩3分

上野桜木の立体長屋

上野桜木の立体長屋の画像

賃料
52.5万円
種別
アパート
住所
東京都台東区上野桜木2丁目16-2
交通
鶯谷駅
徒歩8分

メゾン・ド・エルルージュ

メゾン・ド・エルルージュの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目10-14
交通
鶯谷駅
徒歩5分

菅長ビル

菅長ビルの画像

賃料
8.5万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目16-12
交通
鶯谷駅
徒歩10分

トップへ戻る

来店予約