【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 【妥協も大事】不動産選びで100点を目指すリスクとは?

【妥協も大事】不動産選びで100点を目指すリスクとは?

≪ 前へ|【不動産投資の利益の出し方】キャピタルゲイン・インカムゲインとは?特色やリスクについて解説   記事一覧   活用方法もご紹介!「バルコニー」「ベランダ」「テラス」の違いと注意点|次へ ≫

【妥協も大事】不動産選びで100点を目指すリスクとは?

カテゴリ:不動産購入(買いたい)

【妥協も大事】不動産選びのコツを紹介します


「不動産のサイトをたくさん見て、色々な情報を目にしているけど、結局どの物件がいいか分からなくてなかなか購入できない。どうしたらいいんだろう・・」

こんにちは。1940年創業、台東区・荒川区で地域愛着の城北商事不動産部です。

普段お住い探しのお手伝いをしていますと、物件が決められない“物件迷子”になってしまう買主さんが少なからずいます。

そのようなお客様は、資産性、駅からの距離、利便性、住環境、予算内に収まっている等、全てお客様の希望通りの物件なのに「他にもいい物件があるかも」「なんとなくこれでない気がする」「やっぱりもう少し考えてみます」と様子見をしてしまいます。

買主さん自身も「希望通りの物件だとは思うのですけど…」と、ご自身でも戸惑いがあります。契約に踏み切るのが怖いというような心境になるのかもしれません。

お住い探しの初期段階ではよくある心境です。「まだ、見始めたばかりだから」「他にも良い物件があるかも」「もうちょっと待とうかな」と先延ばしした結果、失敗した…ということもあります。

そこで今回は、家探しにおける買主さんの気持ちや見送るリスクと、結局どういうスタンスで家探しをしたらよいのか、解説いたします。

結論:不動産は70点で検討しよう!


不動産は高い買い物なので慎重になるのは当然のことかと思います。しかし悩み過ぎてもいつまで経っても物件が買えないという状況に陥ります。そこで当社としては、「100点を目指すのでなく、70点の物件があれば購入を検討してみる」ということをオススメしております。

ここからは100点を目指すリスクを3つ理由を紹介します。

◆100点を目指すリスク①:いつになっても物件が買えない


物件を見送っても良い物件が頻繁に出てくれば問題もないのですが、そんなに甘くありません。特に昨今は立地の良いものはすぐに売れていってしまいます。
また不動産は同じものがありません。マンションなら同じ部屋のタイプで上下に移動すれば同じ間取りはありますが、眺望陽当たりなど環境が大きく変わります。新築でもない限り、同じ間取りの中古は早々売りに出ません。一方、戸建ての場合は、道路の幅、向き、接道の長さ、隣地までの距離、建物性能はまちまちで、全く同じものはないと言ってよいでしょう。

ですから、「悪くないけどとりあえず様子見しよう」と見送ったのち、1年以上も物件が買えない状況が続き、「今考えればやっぱり買っておけば良かった」ということもよくあります。

自分の希望条件に100%あてはまる物件はほぼありません。不動産ポータルサイトに掲載されている物件はたくさんありますが、あなたの希望条件に合う物件は意外と少ないものです。
ポータルサイトに掲載されている物件が100件あっても、気になる物件は5~6件ぐらい、見学したい物件は2~3件、その中で買いたいと思う物件は1件あるかないか位ではないでしょうか。
そのため、100点を目指さず、あなたの希望条件に70%見合っている物件は検討していきましょう。

◆100点を目指すリスク②:良い物件はすぐに購入されてしまう


物件が出てくるのを、今か今かと待っている潜在的な買主様は各エリアにいます。
このマンションに売りが出たら購入したい、○○丁目の土地が売りに出たらすぐに検討したい…、と待ち構えているお客様も人気エリアは相当いらっしゃいます。

だからこそ、魅力ある新着物件が出てきた場合、すぐに売れてしまうことが多いです。早ければ、その週末で買付申し込みが入り「契約予定となりました」といったことは日常茶飯事です。

「こんなにすぐ何千万円もの買い物を決める人がいるの?」と思われるかもしれませんが、買った方からすれば、そのエリアでずっと待っていてやっと出たという心境です。

エリア限定で探され一度でも買い逃したことがあるお客様は、常に情報をウォッチしており、動きがとても速いです。特に人気エリアであればなおさらですので注意が必要です。

◆100点を目指すリスク③:過去の物件に引っ張られ動けなくなる


購入出来る状態だった物件をなんとなく見送り、その後も色々物件を見ていくと、過去に気に入った物件が“自分の購入基準”になってしまうことがあります。人間の心理として、「見送った物件よりはいい条件で買いたい」という気持ちに陥ります。
そのまま他の物件を見ていく中で「やっぱりあの時の物件を買っておけば良かった…」と後悔することもあります。

◆信頼できる不動産会社に相談しましょう


住宅購入は大きな金額が動く為、不安があるのも当然だと思いますので無理に購入する必要はありません。なんとなく“これを逃したら後悔するかも”という物件が出てきたら、安易に見送るのではなく、あなたが不安に思っていることや悩みを信頼のおける不動産担当者に相談してみましょう。

城北商事不動産部では、不動産の資産性、流動性、木造戸建ての建物性能、管理の状況、資金計画、リフォーム、瑕疵保険等について様々な角度から提案できますのでお気軽にご相談下さい。


■条件に合う物件を見逃さない!不動産ポータルサイトに掲載される物件の中から、あなたの条件に合うすべての新着物件情報を、評価書付きで、24時間以内にお届けします。

■ネットの物件情報を入力するだけで、誰でも簡単に建物調査が出来ます!
SelFin(セルフィン)はインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。
【SelFinで判定できる項目は下記の通りです】
①価格の妥当性
②対象不動産の流動性
③立地による資産性
④住宅ローン減税の対象可否
⑤耐震性の判定
⑥マンションの管理状況の判定(マンション)
⑦土地の資産性について判定(戸建て)

1940年創業、台東区・荒川区で地域愛着

お問い合わせはこちら
≪ 前へ|【不動産投資の利益の出し方】キャピタルゲイン・インカムゲインとは?特色やリスクについて解説   記事一覧   活用方法もご紹介!「バルコニー」「ベランダ」「テラス」の違いと注意点|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


グランシャリオ根岸

グランシャリオ根岸の画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目16-10
交通
鶯谷駅
徒歩3分

上野桜木の立体長屋

上野桜木の立体長屋の画像

賃料
52.5万円
種別
アパート
住所
東京都台東区上野桜木2丁目16-2
交通
鶯谷駅
徒歩8分

メゾン・ド・エルルージュ

メゾン・ド・エルルージュの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目10-14
交通
鶯谷駅
徒歩5分

菅長ビル

菅長ビルの画像

賃料
8.5万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目16-12
交通
鶯谷駅
徒歩10分

トップへ戻る

来店予約