【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 【用語解説】セットバックとは?【狭い道路は注意が必要です】

【用語解説】セットバックとは?【狭い道路は注意が必要です】

≪ 前へ|理想の物件を買い逃がさない3つの準備【不動産情報の見方】   記事一覧   【必見】資産価値の高い家の特徴【数百万円の差が・・】|次へ ≫

【用語解説】セットバックとは?【狭い道路は注意が必要です】

カテゴリ:不動産購入(買いたい)

敷地のセットバックとは?


「戸建てを探していたら販売図面に”要セットバック”という注意書きがあった。これってどういう意味なの?」

こんにちは。1940年創業、台東区・荒川区で地域愛着の城北商事不動産部です。

戸建てや土地を購入する際には、前面道路の確認が必要となります。

よく分からずに急いで契約してしまうと、将来想定していた家が建てられないということにもなりかねません。

そこで今回は、セットバックとは何かという基本的な知識と、具体例を挙げて解説します。


◆セットバックとは?


敷地のセットバックとは?


セットバックとは「後退」という意味で、不動産業界では建物を建てる際に土地と道路の境界線を一定のルールに従って後退させることをセットバックと言います。

建築基準法で家を建てるための土地には接道義務が決められており、”4m幅以上の道路に2m以上接していなければならない”と定められています。

これは道路が狭くて消防車が入れないなど、防災面で弊害が生まれてしまうのを防ぐ目的があります。

しかし、古くからの市街地などには幅が4mに満たない道路が数多く存在します。(台東区や荒川区の下町エリアでは狭い路地が多いのでイメージしやすいかと思います。)

そこで今すぐは無理だとしても、将来建て替えるときに土地を後退することで道幅を確保しましょうという制度です。


◆セットバックは何mしないといけないの?


敷地のセットバックとは?


道路の向かい側が宅地の場合は、道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させなければなりません。道路の両側の敷地でそれぞれ後退することによって将来的に4mの道幅を確保しようとしています。

また、道路を挟んで向かい側が川や崖地などの場合には、向かい側の道路境界線から4mの位置までセットバックをする必要があります。

なお、既存の道路中心線から2mの位置が敷地と道路の境界線とみなされるため、セットバックした部分の土地は、たとえ個人の所有のままであっても建ぺい率や容積率を算定する際の敷地面積には含まれません。

セットバックによって有効な敷地面積が大きく変わることもあり、建築できる面積にも大きく影響がでる場合がありますので注意が必要です。


◆セットバックの具体例~家が狭くなる!?~



敷地のセットバックとは?


仮に上記のような土地で建替えをする場合、セットバックがなければ、建ぺい率50%・容積率100%ですので、最大1階40㎡・2階40㎡、合計延べ床面積80㎡の家が建ちます。

しかし今回は、セットバック面積が7㎡含まれてるため、建築できる有効敷地面積は約73㎡という事になり、最大1階36.5㎡・2階36.5㎡の合計延床面積73㎡までの家しか建てることが出来ません。

73㎡の建物しか建てられないのであれば、この土地を買わなかったのに・・・という事にならないように注意が必要です。

また、セットバック部分は道路とみなされるため、その部分に建物はもちろんの事、塀や門などを立てることは出来ず、玄関のドアを開けたときにドアがセットバック部分へはみ出るような設計も認められません。


◆建て替え時に影響が出るのでチェックを忘れずに


今回はセットバックとはどういう意味かという不動産用語の解説をしました。

前面道路の幅員が4m未満の場合には、将来建て替えた場合、既存の建物と同等の広さの建物が建てられない恐れがありますので、購入前にチェックが必要です。

中古物件を購入して今すぐには支障がなくても、将来建て替えするとき、あるいは売却するときに影響が出ます。

前面道路が狭い場合は、セットバック面積を敷地面積から引いてみてどのぐらいの建物が建てられるのかを逆算してみましょう。

将来の土地の資産価値にも影響が出ますので注意したいところです。


■条件に合う物件を見逃さない!不動産ポータルサイトに掲載される物件の中から、あなたの条件に合うすべての新着物件情報を、評価書付きで、24時間以内にお届けします。

■ネットの物件情報を入力するだけで、誰でも簡単に建物調査が出来ます!
SelFin(セルフィン)はインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。
【SelFinで判定できる項目は下記の通りです】
①価格の妥当性
②対象不動産の流動性
③立地による資産性
④住宅ローン減税の対象可否
⑤耐震性の判定
⑥マンションの管理状況の判定(マンション)
⑦土地の資産性について判定(戸建て)

1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産なら城北商事不動産部へ

お問い合わせはこちら
≪ 前へ|理想の物件を買い逃がさない3つの準備【不動産情報の見方】   記事一覧   【必見】資産価値の高い家の特徴【数百万円の差が・・】|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


コンバーテル根岸

コンバーテル根岸の画像

賃料
7.4万円
種別
アパート
住所
東京都台東区根岸4丁目6-8
交通
入谷駅
徒歩8分

関根貸家

関根貸家の画像

賃料
10万円
種別
一戸建て
住所
東京都台東区根岸3丁目16-7
交通
入谷駅
徒歩5分

大竹ビル

大竹ビルの画像

賃料
11万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里6丁目7-1
交通
日暮里駅
徒歩10分

中根岸レジデンス

中根岸レジデンスの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸4丁目2-9
交通
入谷駅
徒歩8分

トップへ戻る

来店予約