【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 戸建ての外壁塗装は何年のペースで行うべきか?

戸建ての外壁塗装は何年のペースで行うべきか?

≪ 前へ|障子にも様々な種類があります   記事一覧   マンション購入時に気になる「管理状況」と「高齢化問題」|次へ ≫

戸建ての外壁塗装は何年のペースで行うべきか?

カテゴリ:不動産購入(買いたい)

戸建ての外壁塗装は何年のペースで行うべきか?


築年数も経ってきた戸建て住宅。

メンテナンスしないといけないのは分かってるけど、どの位の頻度で行うべきなのかな?

こんにちは。1940年創業、台東区・荒川区で地域愛着の城北商事不動産部です。

外壁は毎日紫外線を含んだ日差しと、雨風にさらされているので、毎日少しづつ劣化していきます。

すぐに劣化が分かるわけではありませんが、数年から十数年の時間をかけて徐々に劣化をしていきます。

劣化をしていくと、今度は、外壁塗装の目的である保護や美観を損ねてしまい、保護を失った家はそのうち雨漏り等をおこし、木部が腐食したり等、構造躯体上に様々な悪影響を与えてしまいます。

そこで今回は、戸建てのメンテナンスで大事な外壁塗装について紹介します。


◆外壁塗装は何年に一度行うべきか?



一般的に外壁塗装は10~15年のペースで行った方が良いと言われています。

但し、塗料の耐用年数等によってもかわってきます。

外壁塗装における耐用年数とは、塗った塗料がどれくらいの期間に外壁を保護してくれるのか、という次の塗り替えの時期の目安を指す事が多いです。

フッ素塗料、シリコン塗料などの耐久性、耐候性が高い塗料ほど耐用年数が長いです。

耐用年数は、シリコン塗料を使うのか、フッ素塗料を使うのかなど、塗料のグレードによって大きく変わりますし、塗装する面がサイディングボードなのか、モルタルなのか、ALCパネルなのかなどの外壁の材質によっても左右されます。

また、旧塗料をしっかりと剥がす作業(ケレン)や、目荒らし、高圧洗浄など、外壁の状態を整える作業を行うかどうかで、耐用年数まで外壁が持つかどうかが違ってきます。


◆外壁にクラックが入ってしまったら早めの対処を


外壁にクラックが入ってしまったら早めの対処を


クラックとは、建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのことです。

家を構成する木やコンクリートはどこかからか持ってきて組み立てるのですが、その組み立てた後でも湿度や温度、気圧など様々な影響で少しずつ動いています。

これが家を建てたばかりの時は顕著に動いてしまうのです。

最高の耐久性(塗料の寿命が長く、長期間家を守ってくれる)を持つフッ素塗料だったとしても、家が動くのを防ぐ力はありません。

つまりどのような塗料を使っても、家の骨組み等が思った以上に動いてしまった場合のクラック(ひび割れ)などは防ぐことが出来ないのです。

クラックが入ってしまったら、雨漏りの原因になりますので、気づいた時点で早急に対応していきましょう。

大きな地震があった後などもちろん、定期的にクラックが入っていないか注意して早めに気づき、その場に応じたメンテナンスをしていくことが家を長くもたせるための大切なポイントです。


◆中古戸建を購入する際にも外壁のチェックを忘れずに


多くの方が注意して見ていると思いますが、中古住宅を購入検討する際には、構造躯体に問題はないか、メンテナンス状況はどうなっているかのチェックをお忘れなく。

築15年以内ぐらいの戸建であれば、大半の売主様が新築時からメンテナンスを何もしていないケースが多いです。

これから住もうとする買主様にとっては、劣化状況を建築士に確認してもらい、長く建物を維持していく上で、きっちりメンテナンスはしておきたいところ。

メンテナンスは家を持つ上で必要なものであり、見た目に問題が無く、雨漏りがないから、外壁塗装は先延ばしでもいいという事ではありません。

家選びは日々の生活でとても重要となりますので、長期的な視点も考えながらご検討してください。


■条件に合う物件を見逃さない!不動産ポータルサイトに掲載される物件の中から、あなたの条件に合うすべての新着物件情報を、評価書付きで、24時間以内にお届けします。

■ネットの物件情報を入力するだけで、誰でも簡単に建物調査が出来ます!
SelFin(セルフィン)はインターネットの物件広告情報を入力するだけで、誰でも簡単に価格の妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。
【SelFinで判定できる項目は下記の通りです】
①価格の妥当性
②対象不動産の流動性
③立地による資産性
④住宅ローン減税の対象可否
⑤耐震性の判定
⑥マンションの管理状況の判定(マンション)
⑦土地の資産性について判定(戸建て)


1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産なら城北商事不動産部へ

お問い合わせはこちら
≪ 前へ|障子にも様々な種類があります   記事一覧   マンション購入時に気になる「管理状況」と「高齢化問題」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


コンバーテル根岸

コンバーテル根岸の画像

賃料
7.7万円
種別
アパート
住所
東京都台東区根岸4丁目6-8
交通
入谷駅
徒歩8分

メゾンコダサ

メゾンコダサの画像

賃料
6.4万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目6-3
交通
鶯谷駅
徒歩8分

メゾン幸

メゾン幸の画像

賃料
6万円
種別
アパート
住所
東京都台東区根岸4丁目14-23
交通
入谷駅
徒歩8分

メゾン・ド・エルルージュ

メゾン・ド・エルルージュの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目10-14
交通
鶯谷駅
徒歩5分

トップへ戻る

来店予約