【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 専有面積とは?ベランダって含まれるの?

専有面積とは?ベランダって含まれるの?

≪ 前へ|敷金なしは本当にお得?デメリットを解説   記事一覧   入谷エリアの定番居酒屋と言えば信濃路!どんなお店?|次へ ≫

専有面積とは?ベランダって含まれるの?

カテゴリ:賃貸の部屋探し(借りたい)

専有面積 ベランダ 含む 

賃貸の部屋をネットや募集図面で探すときに出てくる“専有面積”。

これがどこの部分を指しているのかご存知ですか?

今回は、専有面積とは何か、どこまで含まれるのかを解説していきます。


〇専有面積とは?

アパートやマンションなどの建物において、借主が個人的に使っていいスペースのことを“専有部分”といい、その面積を“専有面積”といいます。

これに対して、みんなで一緒に使うところを“共有部分”といいます。

たとえば、廊下や階段、エレベータなどです。


〇専有面積はどこまで含まれる?

では、突然ですがクイズです。

以下4つの場所は専有面積に含まれるでしょうか?

①収納スペース、②トイレ・お風呂、③ベランダ、④ロフト


正解は・・

①収納スペース

→含まれる。

居住空間ではありませんが、日常生活で個人的に使用するスペースのため、専有面積に含まれます。

②トイレ・お風呂

→含まれる。

こちらも①と同様に個人的に使用できるスペースのため、専有面積に含まれます。

③ベランダ

→含まれない。

ベランダを使うのは、基本的にその部屋の居住者のみですが、専有面積には含まれません。

なぜなら、ベランダは避難経路として使われるため、共有部分にあたるからです。

ですから、避難の妨げになるような荷物の置きっぱなしはしてはいけませんので、ご注意ください。

④ロフト

→含まれない。

ロフトとは、屋根裏部屋のことです。

ロフトには建築基準法上の一定の条件が設けられており、それをクリアしていれば、床面積には含まれないこととなっています。

つまり、ワンルーム+ロフトの部屋で、20㎡となっていれば、収納やお風呂などを含むワンルームが20㎡あり、それとは別にロフトがあるということになります。




1940年創業、台東区・荒川区で”地域愛着”
お問い合わせはこちら
≪ 前へ|敷金なしは本当にお得?デメリットを解説   記事一覧   入谷エリアの定番居酒屋と言えば信濃路!どんなお店?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


コンバーテル根岸

コンバーテル根岸の画像

賃料
7.4万円
種別
アパート
住所
東京都台東区根岸4丁目6-8
交通
入谷駅
徒歩8分

関根貸家

関根貸家の画像

賃料
10万円
種別
一戸建て
住所
東京都台東区根岸3丁目16-7
交通
入谷駅
徒歩5分

大竹ビル

大竹ビルの画像

賃料
11万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里6丁目7-1
交通
日暮里駅
徒歩10分

中根岸レジデンス

中根岸レジデンスの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸4丁目2-9
交通
入谷駅
徒歩8分

トップへ戻る

来店予約