【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 旧三河島汚水処分場喞筒場施設の歴史と設備、魅力を徹底解説

旧三河島汚水処分場喞筒場施設の歴史と設備、魅力を徹底解説

≪ 前へ|荒川区「ゆいの森あらかわ」は都内トップクラスの品揃えの図書館   記事一覧   東京ドーム約1.3倍の広さ!荒川自然公園の魅力を地域密着の不動産会社が紹介!|次へ ≫

旧三河島汚水処分場喞筒場施設の歴史と設備、魅力を徹底解説

カテゴリ:地域情報【台東区・荒川区】

旧三河島汚水処分場喞筒場施設


日本の近代下水処理場の先駆けとして大正時代に建設された旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、東京市の技師である米元晋一を中心に建設が進められ、1922(大正11)年に運用を開始しました。

近代下水処理の歴史を物語る貴重な遺産として、現在も東京都荒川区に静かに佇んでいます。

独特の建築様式と歴史的背景は、訪れる人々に近代技術の進化と都市の発展を思わせることでしょう。

【荒川区の物件情報】

旧三河島汚水処分場喞筒場施設の歴史と設備



旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、日本の近代下水処理技術の先駆けとして大正時代に建設されました。

隅田川中流に位置し、東京市区改正事業の一環として、東京市技師の米元晋一を中心に計画・建設が進められた施設です。

1922(大正11)年3月、施設は運用を開始しました。

この施設は、当時の最新技術を導入し、地下深くに流入してくる下水をポンプで地上の水処理施設に送り込む役割を果たし、1999(平成11)年まで稼働していました。

その後、施設は近代下水処理の重要な遺構として認識され、2007(平成19)年12月4日には国の重要文化財に指定されています。

重要文化財の指定は、下水道分野の遺構としては初めてのことでした。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、様々な構造物がある施設です。

例えば、表玄関として機能する門衛所や、下水の流れを一時的に止めるための入口阻水扉室上屋、下水中の土砂類を沈殿させる沈砂池などがあります。

これらの施設は、当時の技術の粋を集めて設計され、現代でもその機能や構造の優れた設計が活かされています。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、近代都市の衛生状態の改善に大きく寄与しました。

下水の処理と浄化において人々の生活環境を向上させるなど、東京市の衛生環境を守る上で欠かせないものでもあったのです。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設の特徴



旧三河島汚水処分場喞筒場施設は日本の近代下水処理の先駆けであり、その歴史的背景と役割は、日本の衛生状態の改善と都市の発展に深く関わっています。

喞筒室、阻水扉室、沈砂池など、一連の建造物が現存しており、近代下水処理場の構成を知る上でも重要な文化財となっています。

これらの建造物は、当時の技術の進化や施設の機能を理解する上で貴重な資源です。

施設の魅力をより深く理解できるように、建造物について解説する展示室もあります。

展示室では、当時の技術や下水処理のプロセスについて詳細に学ぶことができるため、小中学生の社会科見学に利用されることも多いです。

施設の周辺には新東京百景にも選ばれている荒川自然公園があり、散歩やピクニックを楽しむことができます。

自然と歴史が融合したこの場所は、歴史と文化の発展への回顧とともに、リラックスした時間を提供してくれます。

東京都荒川区に位置する旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、東京メトロ千代田線「町屋」駅から徒歩13分の場所にあります。

施設見学の予約は電話、またはインターネットから可能です。

料金は無料で、バリアフリー対応の見学ルートもあるため、誰もがその歴史と魅力を堪能することができます。

建築物としての魅力もある旧三河島汚水処分場喞筒場施設


旧三河島汚水処分場喞筒場施設


旧三河島汚水処分場喞筒場施設の建築物は、その美しい外観と歴史的な価値によって多くの人々を魅了しています。

1922年から1999年までの77年間にわたり稼働していた貴重な建造物として名を馳せてきました。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、日本の近代建築の先駆けとして建設されました。

そのため、当時の最新技術とデザインが取り入れられており、施設全体が近代的で先進的な印象を与えます。

特に喞筒室は、セセッションという当時としては最新の建築様式を採用するなど、その革新性が高く称賛されてきました。

喞筒室は美しい赤いレンガで覆われており、その独特の色彩が施設全体に優雅な雰囲気を醸し出しています。

レンガタイル貼りの壁は、関東大震災や風雨に耐えながらも美しさを保ち、施設の重要な要素として圧倒的な存在感を示しています。

喞筒室は国指定重要文化財に指定されており、その歴史的な意義と価値に対する評価は非常に高いです。

この指定は、施設が日本の建築や技術の歴史において特筆すべき存在であることを示しているといえるでしょう。

旧三河島汚水処分場喞筒場施設の敷地内には、約300本の桜のほか約220本のつつじが植えられており、満開の季節になると赤いレンガとの美しいコントラストが楽しめます。


また、年に一度、3,600個のキャンドルで文化財を照らし出す「キャンドルナイト」というイベントが開催されています。

都内にいることを忘れてしまうくらいの幻想的な空間を体験できる貴重な機会となっています。

日本の近代下水処理の先駆けである旧三河島汚水処分場喞筒場施設


東京都荒川区にある旧三河島汚水処分場喞筒場施設は、日本の近代下水処理の先駆けであり、その歴史的な重要性は非常に高いです。

建築物の美しさと設備の先進性が魅力で、施設内は無料で誰もが見学できます。(事前予約が必要)

日本の衛生状態の改善と都市の発展に深く関わる重要な施設として、今後もその存在意義は高まっていくことでしょう。

これから荒川区にお住まいになる方は是非一度、見に行ってみてください。

【施設情報】
施設名:旧三河島汚水処分場喞筒場施設
所在地:東京都荒川区荒川8丁目25−1
アクセス:東京メトロ千代田線・京成線「町屋」駅から徒歩13分、都電荒川線「荒川ニ丁目」停留場から徒歩3分
TEL: 03-6458-3940
見学時間:9時~16時
休館日:火曜日、金曜日、年末年始

【荒川区の物件情報】



1940年創業、荒川区・台東区で地域密着

台東区・荒川区の不動産売買・売却査定なら城北商事不動産部へ

お問い合わせはこちら
≪ 前へ|荒川区「ゆいの森あらかわ」は都内トップクラスの品揃えの図書館   記事一覧   東京ドーム約1.3倍の広さ!荒川自然公園の魅力を地域密着の不動産会社が紹介!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


グランシャリオ根岸

グランシャリオ根岸の画像

賃料
7.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目16-10
交通
鶯谷駅
徒歩3分

上野桜木の立体長屋

上野桜木の立体長屋の画像

賃料
52.5万円
種別
アパート
住所
東京都台東区上野桜木2丁目16-2
交通
鶯谷駅
徒歩8分

メゾン・ド・エルルージュ

メゾン・ド・エルルージュの画像

賃料
38万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸2丁目10-14
交通
鶯谷駅
徒歩5分

菅長ビル

菅長ビルの画像

賃料
8.5万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目16-12
交通
鶯谷駅
徒歩10分

トップへ戻る

来店予約