【TOP】城北商事不動産部 > 有限会社城北商事不動産部のブログ記事一覧 > 希望に合う中古住宅を探そう!基本の探し方やコツを解説

希望に合う中古住宅を探そう!基本の探し方やコツを解説

≪ 前へ|【売却査定】不動産の相場を自分で調べる方法をご紹介!注意点や高く売る方法も   記事一覧   不動産購入で失敗しないためのポイントをご紹介|次へ ≫

希望に合う中古住宅を探そう!基本の探し方やコツを解説

カテゴリ:不動産購入(買いたい)

希望に合う中古住宅を探そう!基本の探し方やコツを解説

中古住宅は、リーズナブルなところが魅力で、マイホーム購入の賢い選択肢といえます。
内装や周辺環境など、特徴が異なるさまざまな中古住宅がある中で、ご自身にあった中古住宅を見つけるためには、探し方のポイントを押さえることが大切です。
そこで今回は、中古住宅を探す際の基本的な探し方や探すときのコツ、失敗を少なくするための注意点を解説します。

【台東区・荒川区の不動産情報】

一戸建て検索 ⇒土地検索 ⇒マンション検索

探し方を知ろう!探し方の基本とは

探し方を知ろう!探し方の基本とは

ここでは、すでに建っている中古住宅の中から、ご自身に合った住まいを効率的に見つけ、かつミスマッチを防ぐ探し方の基本を解説します。

中古住宅を探すための準備

中古住宅の基本的な探し方は、ご自身や家族のこだわりを整理することからはじめます。
こだわりたいポイントが明確になっていると、中古住宅を選ぶ際に、判断がつきやすくなるでしょう。
また、こだわりたいポイントが多くなるほど、すべての条件に合致する中古住宅は見つかりにくくなるため、注意が必要です。
そのため、優先順位をつけられる程度にこだわりたいポイントを出しておきましょう。

その後に妥協できる点を明確にし、優先順位をつけることで、良い中古住宅が見つかる可能性が高まります。
家族やご自身にマッチする中古住宅を選択するためには、基本的な探し方の一環として、条件のリスト化に取り組むのがおすすめです。
中古住宅を探すにあたって、まずは家族で話し合い、希望をリストアップしていきましょう。
その次に、リストのなかからご自身と家族がこだわりたい条件と、妥協できる条件を整理します。
こだわりたい条件には、優先順位をつけてリスト化することが大切です。

複数の媒体を使って情報を集める

実際に中古住宅を探すときには、複数の探し方があります。
たとえば、インターネットから情報を得るのも、基本の探し方のひとつです。

不動産情報が掲載されているサイトはスーモやアットホーム、ホームズなど様々なポータルサイトがあります。

複数のサイトで同じ物件が掲載されていることも多いですが、特定のサイトだけで掲載されている物件もありますので、地域や価格帯を絞ってお探しの方は、ひとつのサイトだけでなく、複数のサイトをチェックすると良いでしょう。

また、新聞広告やポスティングされるチラシから情報を得るのも選択肢のひとつです。
これらの広告は物件の近隣で展開されていることが多いため、現在の居住エリアの近辺で中古住宅を探している場合に適した探し方です。
ただし、ポスティングチラシなどがタイミング良く配布されるかは、その時にならないと分かりません。
効率良く中古住宅を探すためには、基本的には不動産会社に相談する探し方がおすすめです。
インターネットやポスティングチラシに限らず、どの媒体から物件情報を閲覧した場合でも、内覧を希望するときには不動産会社に相談が必要になります。
内覧がスムーズに段取りできる点も、不動産会社に相談する探し方の良いところです。
不動産のプロである不動産会社は地域の情報にも精通しており、多くの中古住宅の情報を知っている場合もあります。
また、不動産会社への相談は、中古住宅を購入して入居したい時期から3か月以上前にスタートすることもポイントです。
物件を探すための基本的なステップとなる情報収集には1週間から2週間ほど、物件探しにも1週間から2週間は最低でも必要です。
その後は、申し込み、住宅ローンの審査、売買契約、決済・引き渡しと続きます。
早めに不動産会社に相談することで、その分、早めに適切なサポートを受けながらスムーズに中古住宅を探すことができるでしょう。

探し方にはコツがある?3つのコツとは

探し方にはコツがある?3つのコツとは

希望に沿った中古住宅を探すには、コツを押さえることが重要です。
ここでは、中古住宅の探し方の3つのコツを解説します。

コツ1:予算の上限を考えておく

中古住宅の探し方のコツとして、物件探しよりも先に予算の上限を考えておくことが挙げられます。
たとえば、建物や立地などの条件のみで予算を考慮せずに物件を探してしまうと、気に入った中古住宅があっても、予算オーバーになってしまいがちです。
予算の上限は、住宅ローンの返済も視野にいれて考えるのがおすすめです。
ちなみに、一般的には手取り年収の25%以内が、1年間で返済する無理のない金額といわれています。
実際には、中古住宅を購入される方の年齢や家族構成、貯金額などによっても、住居費として支払える額は異なってきます。

ローンシミュレーションはこちら

コツ2:リノベーションにより選択の幅を広げる

2つ目は、希望に合う中古住宅を見つけるのが難しいときに適した探し方のコツです。
購入後にリノベーションすることを前提として探すことで、候補となる中古住宅の選択の幅が広げられます。
たとえば、リノベーションを前提としない探し方の場合、間取りがマッチしないとそのほかの条件が合っていても候補から外れることになります。
しかし、リノベーションをおこなうことが決まっていれば、間取りで排除する必要がなく、選択肢のひとつとして検討することが可能です。
リノベーションに取り組むには費用がかかりますが、新築に比べるとコストを抑えられる可能性があります。

コツ3:周辺環境も確かめる

希望に合う中古住宅の探し方のコツとして、周辺環境を確かめておくことも挙げられます。
中古住宅に転居したあとも快適に暮らすためには、建物だけでなく、家族に適した周辺環境も大切な要素です。
子育てファミリーの場合は、学区や周辺の公園などについて確かめておくことがおすすめです。
また周辺に買い物スポットや病院があるか、駅やバス停から何分ほどの距離か、中古住宅の周りの道路の交通量や騒音などもチェックしたいポイントになります。
とくに、先々で住み替えのための売却も視野に入れている場合には、利便性や交通環境などを確かめておくことは重要です。

失敗が少ない探し方!気を付けたい注意点とは

失敗が少ない探し方!気を付けたい注意点とは

中古住宅には、新築とは異なる注意点があります。
最後に、失敗しない中古住宅探しのために押さえておきたい注意点を解説します。

築年数による注意点

中古住宅は、築年数が古いと購入価格も安いです。
しかし、築年数を経た中古住宅の場合、既存不適格に該当していないか注意が必要です。
既存不適格とは、建築したときには法律に沿った建物であったものの、法律が変わったことによって基準に合わなくなることであり、建て替えの際は現行の基準に合わせる必要があります。
中古住宅の探し方として、気に入った中古住宅が既存不適格の場合は事前にデメリットについても理解し、慎重に検討するようにしましょう。

購入にかかる諸費用

中古住宅を探していると価格に意識がいきがちですが、購入代金以外にもさまざまな費用がかかります。

不動産購入の諸費用の目安は物件価格の5~10%程度が目安と言われています。
具体的には仲介手数料や登記の費用のほか、税金があります。
たとえば、仲介手数料については、400万円を超える中古住宅の場合、上限となる金額を次の計算式で求めることが可能です。
・売買した金額×3%+6万円+消費税
必要な費用を把握し、余裕を持った返済計画を立てることが大切です。
また、リノベーションなどを前提に中古住宅を探している場合には、その分の費用も用意しておくようにしましょう。

住宅ローンの注意点

住宅ローンについては、いくつかの注意点があります。
ひとつは、住宅ローンを利用する条件として、購入する中古住宅の築年数が制限されている点です。
仮に、築年数30年以内を対象にした住宅ローンを利用したい場合、築年数31年以上の中古住宅では、ローンを使った購入はできないことになります。
そのため、築年数を制限しないタイプの住宅ローンを検討するか、希望する住宅ローンがある場合には築年数の制限にかからないような物件の探し方をする必要があります。
また、住宅ローンを活用して購入する場合、住宅ローン減税制度が適用できるかも確認したいポイントです。
中古住宅も制度の対象にはなりますが、建築した日から中古住宅の取得日までの期間が20年以下であることなどが要件にあります。
適用条件を良く確認して検討することが重要です。

まとめ

中古住宅の基本の探し方としては、インターネットの不動産情報サイト等を見ることで、おおよその相場を把握できます。

そして、ご自身やご家族のこだわりたい条件を整理して、不動産会社に相談することで、効率よく希望にあった中古住宅が見つかりやすくなるでしょう。
また、希望に合う物件が見つかりにくいときも、リノベーションを前提とする探し方で良い物件が見つかる可能性が高まります。

中古住宅は新築よりも価格が安い分、築年数やローンの注意点があり、また物件価格以外にも諸費用がかかることを考慮した上で、希望に合う物件を探してみてください。


【台東区・荒川区の不動産情報】

一戸建てを探す 

土地を探す 

マンションを探す


1940年創業、台東区・荒川区で地域密着

台東区・荒川区の不動産売買・売却査定なら城北商事不動産部へ

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|【売却査定】不動産の相場を自分で調べる方法をご紹介!注意点や高く売る方法も   記事一覧   不動産購入で失敗しないためのポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

有限会社 城北商事不動産部 最新記事



有限会社 城北商事不動産部

城北商事不動産部は1940年創業!このエリアの不動産屋の中で一番歴史のある会社です。 老舗としてお客様に安心してご利用頂けるよう心掛けております。 地域密着型の不動産会社の良いところは最大限に活用し、また大手に引けをとらないシステムの確立と、ときには大手との連携を図り、出来る限りお客様の力になりたいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


シャトーノールバンブー

シャトーノールバンブーの画像

賃料
9.1万円
種別
アパート
住所
東京都台東区根岸3丁目13-25
交通
入谷駅
徒歩5分

ザ・グランデレガーロ東日暮里

ザ・グランデレガーロ東日暮里の画像

賃料
18万円
種別
マンション
住所
東京都荒川区東日暮里4丁目19-8
交通
鶯谷駅
徒歩7分

リベール根岸

リベール根岸の画像

賃料
10.9万円
種別
マンション
住所
東京都台東区根岸4丁目2-14
交通
入谷駅
徒歩5分

高遠レジデンス上野桜木

高遠レジデンス上野桜木の画像

賃料
18万円
種別
マンション
住所
東京都台東区上野桜木1丁目14-21
交通
鶯谷駅
徒歩5分

トップへ戻る

来店予約